PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

団地妻お気楽日記●健康●通販●妊娠●子育て

大阪に住む主婦の子育て日記。
二人の息子と夫の4人家族です。

金魚の飼育にハマりつつあるこの頃デス。
<< 2歳児相談と自閉症<後編> | main | 言語発達促進のために >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
自閉症の発症と言語発達トレーニング<後日談>
JUGEMテーマ:育児

次男が自閉症ではない、と診断され、すっかり安心しきっていたところ、アスペルガー症候群(広汎性発達障害)のお子さんを持つ友人と話す機会があった。
   アスペルガー症候群(高機能自閉症)の子どもを育てる本
   アスペルガー症候群

ここ数日の出来事を話したところ、
「うちの子も検診では何の問題もなかったから・・・」と含みのある言葉。

え?えっ・・・それってまだ安心できないってコト?!

市の広報などに“子どもの発達の相談”とかの窓口(連絡先)が書かれてるから、もしきちんと診断受けたり相談、療育の場を紹介してもらうなら連絡してみたら?とのコト。
特に発達障害の診断を受けるのには、大概半年〜1年は待つから、3歳で受けたいと思うなら今から予約しなあかん、と。

・・・・だって、そんなん・・・・

彼女はきっと心配して言ってくれてるんだと思う。
なんてったって当事者(の親)だもの。

でも、また不安の影が胸に広がって・・・

迷わずスグに保健所に電話で再確認。
(以下が電話での問答をまとめたものです)
-------------------------------------------------------
【質問1】
通常、“自閉症”と診断するの(発達検査)は臨床心理士なの?

≪回 答≫
臨床心理士や医師が判断します。
  なる本臨床心理士 改訂第2版 (なる本シリーズ 9)
-------------------------------------------------------
【質問2】
2歳相談で問題なしとの診断でも、今後自閉症が発症する可能性はあるの?

≪回 答≫
何歳になっても100%ないとは言い切れない。
特に幼児期の診断は、覆ることもある。
しかし、自閉傾向のある子は2〜3歳でだいたい兆候が表れているもの。
-------------------------------------------------------
【質問3】
言語発達のために、どのようなトレーニング(遊び)が良いのか?

≪回 答≫
臨床心理士の診断書によると、お母さんも上手に声がけ、関わっていたので
今の調子で沢山子どもと普通に関わってあげて下さい。
特にトレーニングは必要ない。
トレーニングを1日●時間!とか力むと疲れるし、続かないヨ。
-------------------------------------------------------
【質問4】
2歳半の時点での電話での報告後は?

≪回 答≫
その時点で成長の伸びがあれば、相談は終了。
伸びが芳しくなかったり、平行であれば(2歳児相談よりも)枠を広げ、じっくりと時間をかけて臨床心理士と相談の時間を持つ。
また、必要に応じて療育や医師の紹介なども。
-------------------------------------------------------

電話口に出られたのは私の住む地域担当の保健師さんだったようですが、とにかく色々不安に思っている私を安心させてくれるかのように、終始明るい口調。
そして、次男の成長発達が気がかりでTVを撤去した旨も、大層感心し褒めて下さいました。

お友達の話や保健師さんの話を総合的に考えて、今はとにかく余計な心配はせずに、精一杯子どもと向き合い、触れ合う時間を大事にしよう!って思いました。

また、我々(私と夫)の思いを感じてか、次男はここ数日殆ど噛みついたりしてません。
小さな呼びかけにも、嬉しそうに「あーぃ!」と手を上げ敏感に反応してくれるようにもなりました。

色々調べて見つけたのが、幼児期のテレビの見せすぎで“自閉症っぽく”育ってしまう場合がある、と。
本来は何の障害もない健康体なのに、長時間のテレビ視聴(テレビにお守りさせた)の結果、あたかも先天的に障害も持っていたかのような状態になるらしい。

多分、次男がそれだったのだろうと思います。

9/1にTVを撤去して以来、目に見えて情緒が落ち着いてきているのが分かった。
まだおしゃべりも指差しも殆ど出ないけど、一生懸命意思の疎通をしようとコチラをよく見るようになったし、何かが出来た時(ゴミをゴミ箱に捨てられた、きちんと挨拶ができた時など)自分で拍手しながら周囲の人達の反応をしっかり確認して、また喜んで笑顔になったりする。

たった一つ。
TVを撤去しただけで、我が家のムードもガラリと変わった。
次男がよく笑うようになり、長男とよくじゃれ合うようになった。
そして、自然とみんなの笑顔が増えた。

「テレビを撤去しよう」
夫の一言がこんなに我が家を変えるなんて・・・・
夫に感謝だ(-人-)

そして、次男は大丈夫!
そう信じて、今まで以上に子ども達にきちんと向き合おう!
イラッ!ときても、頭をはたいたりしない!
「ちょっとまって」と家事や用事を優先せず、出来るだけ求められたらスグにその気持ちに応じよう。
子どもが親を求めてくれる時間なんて、一生のうちでほんの一瞬だ。
その気持ちを精一杯受け止めてあげよう。


買ったよ!
↓ この本、評判が良いので買ってみました。
 また内容、感想アップしようと思います。


   
| 育児 | 12:49 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:49 | - | - | - | - |
PR
SEARCH THIS SITE.
おススメ商品
MOBILE
qrcode
OTHERS